健康のための栄養学タンパク質

タンパク質

■特徴■

糖質、脂質とともに体のエネルギー源となる。
体の成分の50%はタンパク質で作られており(水分を除く)、絶えず分解され体内に蓄えることができないため毎食補給することが望ましい。

■一日の必要量■

体重 1kg あたり1g。
運動選手など筋肉を強化するには、2〜3g。
摂取しすぎても尿として排出されるが、大量に摂しすぎると腎臓障害やアンモニア障害を起こす。

タンパク質を含む主な食品■

卵、魚、肉、大豆製品、牛乳
脂肪の多い魚や肉から摂ろうとすると脂肪を摂りすぎることになるため注意する。

 

栄養学

消費カロリー

エクササイズ
日常の話題

 

健康と栄養学トップへ

inserted by FC2 system